訪問看護ステーションスタッフ集合写真

運営の方針

  1. 要介護状態になった場合においてもその利用者が可能な限りその居宅で能力に応じ自立した日常生活が送れるよう配慮してサービスを行う。
  2. 利用者の心身の状況、そのおかれている環境などに応じて、利用者の選択に基づき、適切に訪問看護を提供する。
  3. サービスに当たっては意思及び人格を尊重し、常に利用者の立場に立って行う。